2014年01月08日

娘にいただいた銘仙

娘は今130cm程度。仕立て直してもすぐ大きくなりそうということで、無理矢理(?)肩上げと身上げ、しました。ちょっと裃っぽくなってしまったでしょうか…

早速タートルインで(みえてませんが)帽子を被ってポーズをとる娘。

image-20140105223653.png





にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
posted by zuboradego at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ちくちく関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

最近のちくちくの成果

調子にのって最近つくったものを紹介してみます。あんまり着物に関係ないんだけど…

アフリカの布、カンガから簡単に作った娘のスカート。ポケットをつけるのにちょっと苦労しましたが、あとは直線縫いで、端の始末も無しです〜。
IMG_4173.jpg

ところで、きもの好きな人には多いかもしれないけど、わたしは布が大好きで、とりあえず南国にいけば腰巻き(笑)の類いは買ってしまうし、街中でもつい布に目を留めてしまいます。

↓ちなみに、この本はカンガのあらゆる使い方を図解でユーモアたっぷりに書いてあるとても役立つ(?)楽しい本。娘はこの布の使い方をみながら、お人形にハンカチや手ぬぐいでドレスのようにまきつけて遊んでいますが、かなりの出来映えです。
カンガ・マジック101―一枚の布で楽しむ東アフリカ・シンプルライフ [単行本] / ジャネット ハンビー, デビット バイゴット (著); Jeannette Hanby, David Bygott (原著); カンガ愛好研究学会 (翻訳); ポレポレオフィス (刊)

そして、スカートを作った残りでコレを。
IMG_4254.jpg

バッグでございます。これは着物まわりの手づくり帖 [単行本] / 君野 倫子 (編集); 小学館 (刊)に作り方がのっていたもの。

ということで、着物にも持てそうです。

裏には、以前会津木綿の生地サンプルをとりよせていたものの、使い道がなかったものを使用しました。内側にポケットも。

裁縫のまねごとやってると、なんて頭を使うんだろう、としみじみ思います。ホントにポケットまわりとか何度やりなおししたことか…(笑。脳の活性化にもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
posted by zuboradego at 15:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ちくちく関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

半幅帯づくり、2本目!紅型で

今朝、金環日食みられましたか?

東京は曇っていたから心配していたけど、時々雲の切れ間から。そして、薄雲がかかっているときは、裸眼でも輪っかになっているのがみえて、感動。グラスもあったのですが、ほら、グラス越しだと、真っ暗な世界に輪だけがみえて、現実感があまり無いから、雲越しもなかなか良かったかも…

ところで。
唐突ですが半幅帯縫いました!(脈絡なし)

IMG_4171.jpg

紅型風のポリなんですけどね。

この前単衣を買ったとき、お店の人が着物に合わせてくれた、紅型の夏帯があったんです。それがすっごく素敵だったんだけど… 両方は高くて変えなかったあせあせ(飛び散る汗)

それで、紅型の帯欲しい… ってことになり、生地を購入して、、しばらく経っていました。

いつか(調べたら去年の11月だった)帯つくったとき、使った帯芯も半分残っていたので、思い切ってちくちく始めました(←ほんとはいろいろと家庭内で腹立つことがあり、その怒りのパワーで着手、爆)

実はまだ、こんな帯いいかもと思って買った生地、たくさんあるのでした。ちょっとずつでもやってゆこうかな。今度は接着芯で、もうすこし楽に作りたいな〜揺れるハート

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
posted by zuboradego at 12:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ちくちく関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ちくちくさん見参!(羽織の袖丈直し〜)

いつぞや、ヤフオクで各1,000円で(また…)落とした羽織がありまして。
去年の秋頃には入手してたんだけど、一度も羽織りませんでした。
というのも、これがかなーり袖丈が長いんです。

こんなの↓
IMG_4117.jpgIMG_4118.jpg

もう羽織の季節が終わったからしまおうかと思いつつ、このままでは着られないなーと眺めつつ、出したままにしてあったのですが、今日、懸案だったイベントがひとつ終わったので、思い切って袖を切ってみようかと思い立ちました。

ベージュ地に緑っぽい柄で椿や水仙が描かれた羽織、すごく柄は好き。でも写真でみるとベージュが明るい色なんだけど、どうにもベージュの色が暗く、顔映りが悪い。。しかも胸のあたりに結構目立つシミ(というか明らかにピンクの蛍光ペンの跡?)がある。まあ、柄に少しピンクが使われているのでものすごく目立つって訳でもないんだけど…

こっちは何か他のものに作り替えかなあ(←出来るかどうかは別問題。バッグとか?)

黒地に大輪の花のほうは、なんとなく手持ちの着物に似合いそうな気もして、袖丈さえなんとかなれば着られるかも、と思ったので、まずはこっちに手をつけてみました。

まずはこの本を参考に。
着物まわりの手づくり帖 [単行本] / 君野 倫子 (編集); 小学館 (刊)

みながらやったら出来るかなーと軽い気持ちで始めて、思い切って袖を切った後に、どうしていいかさっぱりわからなくなりましたがく〜(落胆した顔)

しかしめげずにネットで検索。
こちらのページで詳しく図解してあるのをみつけ、チャレンジ継続。ありがたや…

片方の袖を3回ぐらい間違えて縫ってみて、ようやく理解。わかってからは両袖1時間くらいで直せました!!相当いい加減ではありましたが…(袖の丸みも型紙とか使わずフリーハンド!和裁をご存知の方がみたら卒倒するかも。。)

袖は70cm以上あったと思われ。無事48.5cmくらいに。残ったハギレで、それこそバッグでも作ったらいいかもしれません。これで今年の秋は着られるかも揺れるハート

すぐには着られないのでとりあえずしまいました。でもすっごい充実感です…
はっ、他にまだやることあるんだったダッシュ(走り出すさま)

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村


posted by zuboradego at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ちくちく関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。