2012年11月23日

縞きものにバティック帯で、落語会

紫がかった濃紺?のくるりの縞の木綿きもの。そして木綿のバティックの帯で出かけました。
寒かったので、羽織を通り越して毛糸のポンチョにしてみたけど、やはりちょっと暑かった。
IMG_2041.jpgIMG_2042.jpg

ふんだんなお料理と(全部写真とってないけど)ふんだんなお酒(これもごく一部)でまた楽しい会。この落語会は2ヶ月に1度のペースですが、回を重ねる毎に和気あいあいと和やかな雰囲気の会になってきているような気がします。
IMG_2044.jpgIMG_2045.jpgIMG_2048.jpgIMG_2049.jpg

「寝床(ねどこ)」熱演中の遊雀師匠。今回はかぶりつきのお席にて!
IMG_2047.jpg

綺麗な縞小紋の料理家snukoとはしゃぐ(笑。わたしちょっと衿が出過ぎ。


今回は常連のK氏と、お連れ様のKさんも着物でいらっしゃってました!Kさんと3人着物女性にて撮影(笑
全員渋めテイストで決まりました。



にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
posted by zuboradego at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | きものでお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

薄紫の小紋で『ペールギュント』とイタリアン他

昨日は浅草の、この金色のオブジェ輝くビルにある、アサヒスーパードライホールに着物で出かけました。
IMG_1824.jpg

薄紫の小紋に、黒地に色紙みたいな模様の帯。たんす屋さんのデビューセットで昨年?購入。キモノモダンの小さい帯留してみました。外はちょっと寒いくらいだったので、ヴィヴィアン・タムのストールを。
IMG_1839.jpg

ここのホールで、元宝塚歌劇団の三矢直生さんによる、『ペールギュント』という芝居を、一人音楽劇にしたものが行われていたので、せっかく浅草だし(?)と思い着物着てみました。

このペールギュントというのは元々イプセンによる戯曲だそうで、ざっくり言っちゃうと一人の男の放浪の一生とそれを待ち続けた女の話、とでも言えましょうか。グリークとアズナブールの曲で構成され、三矢さんはなんと一人8役をこなすという熱唱熱演。感動〜

IMG_1827.jpg

ライトアップされたスカイツリー。
IMG_1828.jpg

後ろ姿撮ってもらいました。
IMG_1831.jpg

その後何故か豆カン…(笑
IMG_1834.jpg

しかも昨日は、さらに夜には以前勤務していた会社の仲間たちとの飲み会が設定されており、そのまま着物で出かけました。イタリアンです。痛飲しました(爆
IMG_1837.jpgIMG_1835.jpg

昨日はなかなか長い一日だったけど、久しぶりに着物も着られて嬉しゅうございました♪
でもやっぱり衿がうまく決まらなかったのでちょっと反省。精進〜

そういえば、六本木ヒルズに入ってる会社に勤める男子が、ヒルズに入ってる(?)awaiに感化されたらしく、着物はじめよっかな〜、なんて言っててなんか嬉しかったなあ。


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

posted by zuboradego at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | きものでお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

久留米絣で日本酒会♪とコスプレインナー(笑

だいぶ秋らしくなり、金木犀の香りも漂ってきました。

さて先週のことになりますが、日本酒の会に行ってきました。これは気仙沼出身の方が、宮城や東北のお酒を中心に、飲んで復興に協力しようという主旨で始めた会で、わたしは3度目の参加となりました。結構たくさんの種類の日本酒がほぼ飲み放題状態という危険かつ楽しい会です。

今回初めて着物で行ってみることにしました。2年前くらいに仕立てた(仕立ててもらった)久留米絣の着物を一度も着ていなかったので、なんか日本酒の会っぽいかな〜と思って(笑。もう袷の時期とはいえ、まだ単衣で十分くらいだし、木綿なら気候的にぴったりかもと思いました。(実際快適でしたよ。)

なんか襟元が決まりませんでした(トホホ
帯はこの前オレンジの紬に締めたのと同じ、生成りに薄い水色の糸がときどき混ざってる感じの紬の帯。帯揚げは薄い灰紫みたいな色です。模様が水玉っぽくて可愛いしとは思ったけれど、やっぱりこういう絣っぽいものは洗練された感じ(?)に着ようとしても、なかなか難しいですよね〜 やや仲居感アリ。
IMG_1762.jpg

お酒の数々。これでも一部です(笑
IMG_1765.jpgIMG_1766.jpgIMG_1768.jpgIMG_1769.jpgIMG_1770.jpgIMG_1771.jpg

ところで全然話題は変わりますが、実は今回、着物の下ごしらえがちょっとだけ変わりました。
いつもはただのハンキーパンキー(↓こんなの)か、




または和装ブラとか全く無しで、腹巻きとかを巻いてるんですが(爆)、男装用コスプレ用にも使われるらしい、胸つぶし的なものを買って、つけてみました。




*画像の体はわたしのではありません(わかってるってw)

さらしとかは巻くのが面倒そう、と思い、またちゃんとした和ブラは結構高いので…

結果、いい感じに胸回りはすっきりしたかも。
あまり補正はしないですめば一番楽でいいなと思っているのですが、出来る範囲でとりいれられるものは取り入れ、着姿向上を目指したいです。ま、今回は衿がどーにも決まらなかったので、半襟の付け方とかも真面目にやりたいと思います…

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

posted by zuboradego at 19:43| Comment(4) | TrackBack(0) | きものでお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

秋色の単衣で落語会♪

ちょっと涼しくなりました!単衣を着ないまま9月が終わるのかと思っていましたが、これなら着られるかも。でも、たぶん10月も単衣着ると思います…

ってかもう更衣のルールどうでもいいよね〜(言っちゃった、爆)
だってまだ半袖や短パンの人がいる状況で、夏物を着たからといって誰かを傷つける訳じゃないし…
そういうルールがあるらしいということさえふまえていれば、そして他の人に迷惑をかけない状況であれば、もう気候にあった装いでいいじゃん、とはっきりと思ったこの9月でした。そう考えると単衣は活用期間が長そう。

さて、定例の落語会が、今月日本橋のKIWIで開催されたので行ってきました。今月は末広亭にも行ったのでなんか連ちゃん気分で嬉しいですっ。

今回は柿色っぽい?地に水色なども入った縞?のたたき染め?の紬の単衣です(←不明なことが多すぎてスミマせぬ…爆)夏前に、たんす屋にて購入。地味かと思ったけど、光沢があるのでなかなかいい雰囲気。いつかレース衿があわなすぎて断念した紬ですね。しかしやっぱりこの色は秋のものかなと思う。単衣か袷か夏物か、とかいうより、色や質感の季節感のほうが自分的には大事にしたいかな〜

IMG_1694.jpgIMG_1723.jpg
帯は、ベージュと水色の中間ぽい、無地紬のざっくりした八寸帯。帯締めは横浜赤れんがでお安くゲットした道明のもの。帯揚げにもうすこし挿し色もってきたかったにゃー。

さて。今回のお題はオチ。そしてお噺は「天狗裁き」。

オチの話の中ではいろんな小話もお話いただき、マクラの時点から爆笑でした。オトナの集まりだからちょっとだけ色っぽい小話も笑えていいよな〜

相変わらず美味しく、しかも今回はかなり秋らしい素敵なおつまみの数々。酢蓮にセロリの葉っぱが和えてあるのがsnuko風味。牡蠣のオイル煮も旨味凝縮〜。

IMG_1696.jpgIMG_1697.jpgIMG_1698.jpg

帯は銀座にしました。全く滑らないので、結びやすかったかも。長さもまあオッケー。
IMG_1715_2.jpg

かなり酔っぱらってからsnuko先生と撮影大会に盛り上がりました(笑
snuko先生は、一見絣模様の紬にみえるんだけど、ちりめんぽい生地の柔らか物の単衣でした。これにあのタイシルクハウスのうぐいす色っぽい半幅を合わせて。これがいい帯なんだ〜。着物にもばっちり似合っていて。


あー、楽しかった〜


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
posted by zuboradego at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | きものでお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。